デリバリ代行のDelivery.comを調べてみた

LINEで送る
Pocket

USのdelivery.comが、フロリダのアルコールデリバリ会社「Klink」を買収したという記事を見て、Delivery.comを調べてみました。

Delivery.comとは小売りなどが、自社商品を配送するためのソリューションを提供する会社。いわば、運んでくれる人をアサインして運ぶ形。Uber Eatsのデリバリに近いかも。

ただ、PF自体に広告やマーケティングツール、ダッシュボードも取り入れて、小売りのマーケティングニーズを汲み取るプラットフォームを作っています。

2004年に創業で1.2万以上の商店と契約中。売上などは不明。競合としては、Grubhubなど。

日本だと、出前館が近いといえば近いのかな。ただ、Delivery.comは、クリーニングやアルコール屋さんもデリバリしている模様。あと、スタートアップだとkaukulが一番近いかも。

エリア限定で、商材も絞ってから始めるのがいいんでしょうね。ただ、量がものいうビジネスだと思うので(デリバリする人の工数を確保しておく必要があるため)、ある程度、資金を突っ込んでやるか、ユーザリーチを持ってるところがやる(組む)のがいいんではないかと思いましたが、どうですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">