リマインドメールでGmailのプロフィール表示機能を活用し、ユーザの目を引かせるテクニック

LINEで送る
Pocket

タスク管理の「Sandglaz」にサインアップして放置していた。

»Online Team Collaboration & Task Management Software – Sandglaz

すると、以下のようなメールが届いた。

4

「トライアル期間が終わりますよ。まだタスク投稿してないから投稿されてみては?」というもの。よくあるリテンションメールですね。

ただ、通常のリテンションメールと違うと思ったのは、送信元がSandglazのAli●aさんという点。よくあるメールだと「info」等といった公式のアドレスだが、この個人から送られるのは珍しい。

さらに、Gmailの仕様として、そのユーザが紐付けているGoogle +のプロフィール画像も表示される。

一般的に記事が写真なしより写真ありの方がクリックされることを考えると、このような形で写真があると熟読率も高まるのではないだろうか。

ということで、

  • 送信元の個人にする
  • Gmailのプロフィール表示機能を活用する

を組み合わせたメール熟読促進のTips共有でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">